このブログは基本的に、Windows Mobile 5 Smartphone Edition (Sp)とWindows Mobile 6 Standard Edition (Std)の情報しか扱いません。
WM 5 Phone / WM6 Professional Editionに関する質問は、問答無用で削除することがあります。
ただし、例えば同一ソフトのPhone/Pro版とSp/Std版のデータの互換性とか仕様の違いや、SGH-i600 (WM5 Sp) vs Treo 750ガチンコ勝負といった話題はアリです。

また、各エントリの内容に関係のないコメントや質問も削除する事があります。

2007年08月20日

アッサリ解決?しかし…

思いがけず、実にアッサリ解決しました^_^;)。

前は、ハードリセット→CE-Starインスコ→お手製日本語化という手順でやったのですが、お手製日本語化→CE-Starインスコ(+Fontlinkを若干修正)の順でやったら無問題(笑)。
何が原因だったか究明できてませんが結果オーライ^_^;)。

ようやくSMSでも日本語入力できました。
試しに送ってみましたが、特に文字化けなどもなく。

IE Mobileも問題なし。
文字コードもShift_JISやEUCが選べますし、テキストフォームに入力する事もできました。

しかし新たな問題発覚(笑)。

i600の場合、キートップ上段の文字はFnキーを押しながら入力しますが、Fnキーを押した時点で日本語モード(IME on)が解除されてしまいます^_^;)。従って記号類および全角数字が打てません。
また右下にある“,”キーは無条件で全角コロンが確定されてしまい“、”も入力できません(“。”は大丈夫です)。

IME offでは記号を入力できるので、即死には至りませんが結構クリティカル……。
“、”はかなりイタイので、Mobemにフィードバックするしかなさそですねぇ。やれやれ^_^;)。
posted by kom at 02:28| Comment(6) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

CE-Starの落とし穴

X02HT発売によるStd(Sp)対応ソフトを心待ちにしているのですが、なかなか難産のようですね^_^;)。

へなちょこではあるけどともかく日本語入力の目処が立ったんで、よ〜しSGH-i600 / HTC Cavalier(Dopod C730) / Moto Q辺りイッてみようか!と意気込んでいる方に悲しいお知らせです(笑)。
IMEのデキは度外視するにしても、ちょっとばかし根の深い問題に遭遇しています。まだ解決策は見つかっていませんが、こういう問題もあると認識した上で飛び込んでください(笑)。

1.SMSとコンフリクト?

SMSの入力画面では、一切文字入力ができなくなる(英数字も)。しかもSetting画面などを遷移している内にCE-Starがオチる(笑)。
ただしMMSは問題ない様子。
バグっぽいニオイがぷんぷん漂うが^_^;)、もうひとつの不具合を見極めてからバグ報告しようと思う(実は根が一緒かも?)。

2.日本語文字コードが手抜き

リージョンやら日付フォーマットも日本用になるので、なるほどOne-Stop solutionと言うだけあるわいと思ってたら、UTF-8しか実装されてない^_^;)。

これは手作業で日本語化した場合の文字コード選択画面(KorechiathaiのNLSを入れてたのでてんこ盛りだが^_^;)。
CE-Starだと“Japanese (Auto-Select)”しか出てこないし、実際UTF-8のページ(例えばGoogleとか)しか表示できない。

IE Mobileの起動画面。
お手製ではActiveSyncで同期したFavoritesも表示できるが、CE-Starでは全く表示されない(笑)。画像も表示されないのは、HTMLをデコードできず内部的に文字化けしてしまっているためと思われる。
ちなみに、同期した“モバイルのお気に入り”のタイトルも文字化けまくり(笑)。これはASがスカで、同期時にUnicode変換してくれれば回避できたハズ。

この問題はNLSを入れ替えれば解決…と思ったが、そうは簡単にいかなかった^_^;)。もう少し検証してみます〜〜。
posted by kom at 17:54| Comment(4) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月08日

悲願成就!!

ソウイチロウさんトコを初め、各所でCE-Starのバージョンが上がったよって話が出てたので確認してみました。
確かに“CE-Star, Better Japanese Support!”とか書いてる!
良かった“The Japanese support package will be available at the end of March.”が来年の話じゃなくって(笑)。泳げる頃には間に合ったという事か^_^;)。

で、早速DL&インストール(イケニエはi600です)。
Type(入力言語)にJapaneseが追加されており、これを選択するとJapanese Pack以外のチェックが全て外れます。つまり欲しくもない中文IMEなしでインスコできるようになったって事ですね。GJ!

あとはダイアログに従って適当にクリックしていくだけで特に難しい事はありません(以前はBack / Nextのボタンがダイアログから切れてたんで、カーソルキーでヤマカン操作する必要があった^_^;)。

タイトルバーに「中」アイコンが出てる時にFn+0で「日」アイコンに変わります(つまりこれがIME On/Off)。

おぉ!夢にまで見た日本語入力!!
完全に他力本願でここまで辿り着きましたよ!(笑)

ちなみにハードリセット後にCE-Starを入れただけなので、ちとアヤシイ(けど日本語表示できる)フォントに^_^;)。まぁこれは後で入れ替えればいいだけの事ですが、One-Stop solutionと言うだけあって、リージョンやら日付フォーマットも日本用になってます。

Shift+0で設定画面に。特にイジる所もないです^_^;)。

実の所、ただの単語変換だしキーアサインも変態仕様なので、快適と言うにはほど遠いのが現状です。

しかし。しかし、しかし!
ともかく日本語入力できるようになりました。この一歩(レビジョンa)はとてつもなくデカイ。
ワタシは今、猛烈に(そして静かに)感動しています(笑)。
ソッコーでレジストして、がんがんリクエストを送っちゃろうと燃えています^_^;)。

ちなみにMTeoRでは……
一応動いてるっぽいですが、10キーでかなを入力する仕組みがないらしく、全角数字しか入力できませんでした(T^T)。
posted by kom at 01:44| Comment(11) | TrackBack(1) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月22日

My Mobiler

siam_breezeさんトコで紹介されていたMy Mobilerというソフト。いわゆるリモートアクセスの逆というか、ActiveSyncしたPCからWindows Mobileを操作できるソフトです。
対応OSは“Windows Mobile 2003 / WM 5.0 / WM 6.0”とEdition記載が全くなし!
ならば入れてみよう(笑)。実験台はSGH-i600。

動きました^_^;)。


数字キーで項目を選択できますが、数字/アイコン/文字の部分をクリックしても反応しません。カーソルキー+EnterはOKです。
また、右上の常駐アイコンをクリックすると、Backキーと同じ動作をします。

がしかし、Pocket Notepadなど文字入力できる画面だとBack Spaceとしてふるまうので、前の画面に戻れません(OSの仕様w)。
さらに、ASCII/JISの違いでは済まされないほど記号類がメタメタ(端末側のせいかも)。数字もおかしくなってるのに、どうしてメニューは選択できたんだろう^_^;)。

ちなみにキーロックをかけても画面が暗くなりません(笑)。
また、ロック解除の“*”を入力できないため、解除ができません(ハードキーがないので、かけることもできません)。

タイムラグはあるものの、そこそこ動いてくれます。
でも……使い所が思いつかない(笑)。
画面キャプチャは少し楽だけど、ハードキーが使えないので逆に不便な所も。
う〜〜ん、仕事をしてるフリをしながらメール/チャットするとか?(ウチの会社は、ウェブメールやメッセンジャーのportやドメインをブロックしてるので^_^;)
posted by kom at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

ClockOnTop

Smartphone Editionでは、Homescreen以外で時刻を確認する事はできません。元々縦画面が基本だったので、タイトルバーの横幅が足りませんって事でなくなってるようです(PPC/Phoneでも縦画面にすると隠れますよね)。
そうは言っても不便なものは不便。メールやウェブに夢中になって「あれ、今何時?」みたいな事は、誰しも経験した事があるでしょう(笑)。

そんなアナタにコレ。ClockOnTopです。
起動するだけ。何も設定する必要なし(できません^_^;)。
まぁ、StartUpにショートカットを作っておくくらい。インストール時に作成されてました^_^;)。全くやる事ありません。

あえてStart Menuから2重起動すると、このダイアログ。
えええっロシア語ですか?!何だろ「メールする?」と聞いてるんでしょうか?
おそるおそる“YES”を選ぶと、アプリが終了しました(笑)。
本気でやることがありません^_^;)。

もう少し隣と間隔をあけて欲しいとは思いますが、必要充分ですね。
つか、MSは何でこんなに気が利かないんだろう…^_^;)。
posted by kom at 17:36| Comment(2) | TrackBack(1) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

じゃ、MTeoRではどうよ?

SpでOfficeの続きです。MTeoRでも動くか試してみました。

問題なくインストールできました。

3択画面も同じ。

続きを読む
posted by kom at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

念願の?SpでOffice

msmobiles.comで知りましたが、WM5 SmartphoneでWM6のOfficeが使えますよと。もちろん、バリバリの割れ物です(RapidShareで配布って辺りがw)。早速飛び付いて試してみました。

アプリケーションとしては単一の“Office6”としてStartメニューに登録されます。

起動すると、ppt/pword/pxlの3択画面になる。File Explore→ネイティブファイル選択でも開けるので、あまり気にする事もない。
むしろ、WM5から“〜Mobile”って名前になったんじゃなかったっけ、という方をツッコミたい(笑)。


続きを読む
posted by kom at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

Offisnail Mail2PIM

今さらですが、MTeoRにOffisnail Mail2PIMを入れてみました。Offisnail Mail2PIMは、WM5標準メールで受信したメールを基に予定・仕事を作成するツールです。動作環境は“WindowMobile5 for PocketPC”となっていますが、Smartphoneでも全く問題なくCABからインストールでき、キッチリ動作しました!すばらしいです!

インストールすると、標準メール(Messaging)のメニューに「予定を作成」「仕事を作成」が追加されます。詳しくはMail2PIMの使用方法を見てください。

自動入力される予定の日にちは“今日”がデフォなので、メールのタイトル・本文から日付情報を拾ってくれるといいなぁ〜というリクエストを送っておきました^_^;)。お願い〜〜♪


★070116追記★
MTeoRのROM ver.を1.30に上げると効かなくなってしまいます(>_<)。レジストリの配置でも変わったのか?
posted by kom at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

KKJConvはNGだけどJavaは使える

先日「KKJConvは使えないか」とのコメントを頂きました。
え〜〜KKJConvってs60用のソフトでしょ?と思い込んでいましたが、MIDP用のアプリなんですね。思い込みで完っっっ璧にスルーしてました^_^;)。
で、MIDPって何?(笑)ということで調べました^_^;)。
ほうほうJavaですか。それは可能性ありそうですね……と思ったら、黒星にはJAVA環境が入っていないのです!ぐはぁ…。
で、更に色々探してみたらWebSphere Everyplace Micro Environmentというのがありましたぞよ。さすがIBM、PPC/PPC(VGA)/Smartphone用と揃ってます。
結論から言うと日本語入力はできなかったのですが、JAVA環境は使えそうなので覚書。

1.上記サイトから必要なアーカイブをDL
IBM IDを取得したり時間帯によっては繋がりにくかったりとくじけそうになりますが^_^;)、ハードルはそこだけですので。
Binaryとexeがありますが、Binaryはうまくバラせなかったのでexeを再DL。

2.exeを実行する
インストーラ形式で、
C:\Program Files\IBM\WEME\runtimes\61\wm50-arm-sp-midp20\
に関連ファイルがインストールされます。

3.weme-wm50-sp-arm-midp20_6.1.0.20060727-102926.zipを解凍

必要なのはこれだけ^_^;)。解凍先はデスクトップにでも。

4.ファイルをコピー

デスクトップに\J9\MIDP20という2階層のフォルダを作り、先の解凍ファイルからbin,libフォルダをMIDP20フォルダにコピー。
KKJConvをDLし、.jad/.jarをMIDP20フォルダにコピー。
そのJ9フォルダを黒星のルートにActiveSync経由でコピーする。
どういう手順でも構わないが、最終的に以下の構成になっていればいい。
\J9─MIDP20─┬─bin
          ├─lib
          ├─KKJConv.jad
          └─KKJConv.jar

では早速、\J9\MIDP20\bin\emulater.exeを実行。
MIDlet List画面が表示されるので、左ソフトキー(Install)を押す。



ファイルのURLを聞かれるので、以下のように入力する。
file:///J9/MIDP20//KKJConv.jad
(次からはList画面にKKJConvが表示されるので選択するだけでよい)

で、作成者がどうとかウダウダ言われる(笑)ので適当にYes/No選ぶとインストール完了。
ようやくKKJConv / KKJSetupを選択する画面になる。で、ドキドキしながら実行すると……。

動いてるケド……orz
文字化けはFontLinkをイジればどうにかなると思うけど、結局NUM Lockの呪いは解けていません(T^T)。まぁ当然と言えば当然ですが。ちなみに設定画面もトーフのオンパレードです^_^;)。

記号パネルもちゃんと動くし入力もできる。オシイ。

結果的に解決には至りませんでしたが、ちゃんとLandscape QVGAで動くJavaは使えそうなカンジ。例えばGmailが使えるとか使えないとか……。
posted by kom at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

Core Playerを入れてみた

最近、やりたい事・やらなきゃならない事・やらなくてもいいのにやっちゃう事(笑)が多すぎて、またも潜伏モードに入ってますが、ひっそりイジイジしています。
ちなみに現在ATOK関連は外してます。最低限の文字入力(レジコードとか)もできなくなっちゃうんで^_^;)。

で、Core Playerのディスカウントが昨日までという事で、あわてて購入しました(PocketPC版も)。実の所TCPMP 0.72 RC1で何の不満もないのですが、ど〜せ買うなら安い内、という事で^_^;)。

相変わらずパフォーマンスは良好で、リサイズ不要なQVGAにエンコードするとiPod Video要らないんじゃない?ってぐらいゴキゲンです(容量の問題はありますが)。
ただし、ちょっとアレな事がいくつか。

まず、新たに追加されたスキン機能、Smartphone版ではほとんど意味がありません^_^;)。スクロールバーとかもぶっといし、Sp版では外してくれないかなぁ。もしくはSp用のコンパクトでシンプルなヤツを標準に。
ま、そこは好みですが、問題はUIの方。もう全然なってません^_^;)。
右ソフトキーがView切り替え(だけ)に割り当てられており、残りのメニューは全部左ソフトキーへ。Sp版にはタッチパネルの代わりに10キーがあるのですから、例えば[1][3]キーでチャプター戻し/送りとかもう少し工夫して欲しい所。

上下が切れちゃってるのはご愛嬌?(笑)

次に、環境設定画面(Setting)がver 1.02からこっそり復活したそうですが、Sp版では全く操作できません(黒星だけかも)。

そして、これが一番驚いた(つか驚かされた^_^;)のが、Silentモードを無視して音が再生されたコト。職場で一瞬パニクりかけましたが(自業自得^_^;)、終話キーで瞬殺して事なきを得ました。動画プレーヤーだからアラームのように突然再生される事はないにしても、どうなんでしょうねぇ…。
Core Player(TCPMPも)の音量は5way keyの上下で調整できますが、音量ゲージが表示されないのも不親切(カレント値を確認できない)。

とまぁ、再生パフォーマンスは折り紙付ですが、UI的にSp版はまだまだ発展途上というカンジです。金を取る以上、ガンガン改善して欲しいですね。
posted by kom at 11:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

QCaps Keyboard Utility(プレ情報)

例によってmsmobiles.comネタです。

QCaps Keyboard Utility
片手入力を支援するソフトで、要は長押しすると大文字、さらに押し続けるとFn入力する文字になるようです。
今の所MotoQ用しかありませんが、Treo 700w / 700wxとi320が"Coming Soon!"になってます!
このQooLApps.comって10月に入ってから出てきたベンダーみたいで、開発ペースは未知数ですが座して待ちましょう^_^;)。まめにチェックするつもりですが、アップデートに気付いた人はコメントで知らせてね(笑)。

この入力の仕方は人の好き好きですが、余ったShiftやFnにCtrlなどを割り付けられたら便利カモですね〜。
キーマッピング変更ツールはAE Keyboard Mapperがあります(未検証)。
posted by kom at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

やっとキタ!

PocketPCで最も多機能なPIMソフトと言われているPocketInformant
その日本語化や使いこなしなど、多大な貢献をしてきたtk109さんのTK-BLOGで知りましたが、Pocket Informant for SmartPhones(PISP)がリリースされました!

……が、ナンか……Pupyrusにクリソツなのだ!元々Pupyrusの画面構成はPIに酷似しているのだが、それにしても……。まるでドムとリックドムぐらい似ている!(笑)

と、いぶかしんでいたらmsmobiles.comの記事で疑問が氷解した。
つまり、PupyrusのOEM版がPISPという事らしい。

憧れのPIアイコンがHome screenに!

だけど中身はPupyrusと一緒
(´・ω・`)

しかしだ!Pupyrusのレジストコードが通らねぇ!!
というわけでPupyrusのまま1.3にアップデートしました。はぁ〜あ。
ちなみにファイル構成などはPPC用と全く異なるので、従来の日本語化リソースは使用できません。
posted by kom at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

USBメモリ的な使い方

PIMデータその他をシンクロさせてくれるActiveSyncだが、環境によってはエライ不安定でデバイスを認識してくれなかったりすぐに接続が切れたり……。原因不明の振る舞いで泣かされた人も多いと思う。
シンクロはシンクロで必要なんだけど、ちょっとしたファイルやCABを放り込むだけなのにActiveSyncに蹴られると、USB接続なんだからマスストレージクラスくらい対応しろよ!という気になる。
と常々思っていたら、そういうソフトがあるとの事。
ネタ元は例によってmsmobiles.com

WM5torageの画面。
Activate(右ソフトキー)して接続するとStorage cardがPCにマウントされる。
あとは好きなだけ出したり入れたりするだけ(笑)。

よく、パーソナルファイアウォールがActiveSyncをブロックすると言う話を聞くが、ワタシの会社のPCはウイルスバスター・コーポレートエディションが入っており、セキュリティの設定をクライアント側で変更できないのですよ。
なので、いつも繋がったり切れたりアヤシイ状況で繋いでいたんだけど、これでデータの入出力は何とかなりそう。
posted by kom at 04:22| Comment(2) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

新たな風

ある意味、ものすごい著名プログラマとなってしまったホーミンさんが、『\Windows\wince.nls がROMファイルじゃなかったら再読み込みさせるプログラム。』を公開された。
速攻、Universalで試したい所だが、今履いてるパンツを洗濯する訳にはいかない(笑)ので、ちょうど調子悪くてハードリセットしたかったTornadoで試してみた。

結果、残念ながら現状では使用不可。
一時的に日本語化はできたが、起動後しばらくすると固まってしまう……。
また、(固まってるせいか)ActiveSyncのパートナーシップが結べません。
Smartphoneは想定外かもしれませんが、対応してくれるといいですね。
posted by kom at 04:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

遅ればせながら

元々、週頭のネタなのだが、仕事がテンパってて……(T_T)。



ワタシのメインブラウザはFirefoxで(やむなくIEも併用)、ホームページはmozilla-japan.orgだったりするのだが、なんとなくmozillaZineを見たら、Minimo 0.013 のリリースと W-ZERO3という記事がポストされていた。まぁZERO3ユーザ激増中だからねぇなどと読んでいくと、
また、参考までに、Dopod 577w という中国で発売されているの端末への Minimo 0.013 のインストール例。

ほ〜ぅ、そんな奇特なヤカラ(笑)が他にも居ましたかぁ、とリンクを見てみたら……
自分でした^_^;)。愉快な仲間は居ませんでした。orz

あ、そんな本家で取り上げられるとは夢にも思わなかったから、バッサリ切り捨てちゃったぞ(滝汗)。なので、小心者のワタシは精一杯のフォローを(笑)。
なお、ワタシはMozilla.orgと何の関係もない一般ピープルである。よって、てんで的外れな事を書いているかもしれないがご容赦頂きたい。できればご指摘頂きたい。

まず、Mozillaな人はご存じかも知れないが、最初に飛ばされるGoogleはRegionを見ているわけではないようだ。
タイ在住のじょーさんがBenQ P50(WM2003se PPC Phone edition)に入れた所、日本語化している(当然RegionはJapan)にも関わらずGoogleタイに飛ばされたそうだ。
飛び先は最初に接続しに行っているサーバで判断されているのかも知れないが、これはあまりスマートな方法とは言いがたい。渡航先で読めもしないサイトに飛ばされても迷惑なだけだ。

もうひとつ、不具合ではないが気になっている事。
それはminimoの落としどころだ。
もちろんWindowsMobile上に素直で使いやすいブラウザが載ればうれしい。でもWMにMozilla(Firefox?)をそのまま落とし込んでも、使いにくいのは明白。ハード的な制約により、優先順位がPCとは違うのだから。
例えば、マルチウィンドウ的な機能として“タブ”は便利だが、それをタブというインタフェースで見せる事がベストなのだろうか?例えばポップアップで切り替える形にして、空いたスペースにツールボタン(FWD/BACKとかリロードとか)があった方が使いやすくないか?
また、Microsoftの方針としてPPCとSmartphoneのUIを共通化(ソフトキー)しようとしており、その恩恵として今回のminimoもSmartphoneに対応できたわけだが、そもそもそれぞれにベストなUIは異なるのである。例えば、10キーに任意の機能やURLを自由に割り付けられたら非常に便利そうだが、10キーのないPPCには不要な機能になってしまうだろう。

そういった辺りを踏まえて、WindowsMobileに落とし込んだMozillaにどのような特色を持たせようとしているのか?プロジェクト ドキュメントのどこかに書いてあるのかも知れないが、後発(しかも完成への道のりは遠い)ゆえに方向性を打ち出す事が必要なのではないだろうか。

あれ、フォローになってねぇ……^_^;)。
posted by kom at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

スケジュールを確認する

PocetPC/Windows Mobile標準のCalendar(スケジュール)は、伝統的に激しくヤル気がない(笑)のでPocket Informantを使用していたが、Smartphone版はないようだ。
で、ちょこっと探してみたらPapyrusというソフトがありました。

リスト表示。

グリッド(週間)表示。

月間表示。
残念ながらマス目の中に予定を表示する事はできない。まぁできたとしても、同じQVGAとは言え液晶サイズが小さいのでかなり厳しいんだけど。

タスク(仕事)表示。

1日表示。


なお、まだ日本語入力はできないので、Universalで入力したデータをOutlook経由でTornadoへActiveSyncした。
機能的には必要充分でイイカンジである(むしろPIが山盛り過ぎ^_^;)。とりあえず日々の入力は英数字だけでも何とかなるし。

★070115追記★
メインのフォントはTahomaが指定されているようなので、MTeoRの場合は以下のFontLinkキーを追加する必要があります。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\FontLink\SystemLink]
"Tahoma"="\Windows\msgothic.ac3,MS UI Gothic"
posted by kom at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月24日

テキストを見るだけでも…

まだ日本語入力の目処が立っていないTornadoだが、表示に関しては問題ないハズ。テキストビューアとして動いてくれればいいというレベルで探してみたら、先ごろバージョンアップと共に名称変更されたTillanosoftさんのPocketNotepadにWM5 smartphone版がありました。で、早速インストール。
なお、smartphone版ではtGetFile.dllが必須です。

readme.txtを開いた所。
フォントの指定や右端での折り返しなど、全ての操作がソフトキーでできるので必要充分ですな。
ビューアではないので、英数字だけなら入力できるし^_^;)。



tGetFileの方は若干難アリ。
まず「ファイル(左ソフトキー)」→「2開く...」でオープンダイアログが出る。
1つ上の階層に戻るときは、「Menu(右ソフトキー)」→「1 Go up」とする。バックキー(←)が使えると良いのだが。

操作自体は難しくないのだが、ディレクトリ内にファイル/フォルダが1つしかないと選択できないのだ!
点線で囲まれているが、中押ししても選択できない。

とりあえず回避策としては、Typeを“すべてのファイル”にしてテキスト以外のファイルを表示させるか、その場にフォルダを作成すれば選択できるようになる。
スマートじゃないゾ^_^;)。

ホントはzuisouさんのJUsquidの方が対応文字コードが多くて便利なのだが、smartphone版での使用は想定外らしく、起動チェックに引っかかってしまう。残念。

つい今しがた、見るだけならPIEで充分という事に気付いた^_^;)。
文字コード/サイズも指定できるし折り返しも問題ない。
ま、日本語入力ができた時の備えとして……^_^;)。
posted by kom at 02:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月21日

minimoは成長しているか

仕事のフリをしながらネタ探しに勤しんでたのに、帰宅後巡回したらminimoの新版がリリースされてるじゃぁないですか。しかも……
Items addressed:
  • New UI
  • HomeBase sidebar
  • Inital download support landed
  • Better Windows Mobile SP 5.0 support
  • Lots of bug fixes.

これは試してみるしか!と早速入れてみた。

スプラッシュ画面。
相変わらずジックリ待たせてくれます(笑)。

起動直後のホームページはGoogle JP。直で接続してるんじゃなくて、どっか(笑)に跳んだ後、Regionを見てフォワードされてるみたい。

ところが直にURLを入力すると、見事にトーフのオンパレード(T_T)。メニューやPreferenceに文字コードを指定するものはない。

動作の遅さに目をつむるとしても、激しく使いにくい。画面にタッチできないSmartphoneでは動くというだけで実用性はほとんどない。いつになったら使えるようになるんでしょうねぇ……。
posted by kom at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

TCPMPで動画鑑賞

KzouさんトコTCPMPをやっていたから、という訳では断じて!^_^;)ないのだが、ワタシも丁度入れてみた所だ。
っていうかWM5 smartphoneに完全対応したソフトは、まだあまり見かけない。PocketPC(あるいはPhone ED)用でも、もう少し動くかと思ってたが……。

どこぞではとうふ屋の車を見てるみたいだが(笑)、自分的に旬なビデオクリップをブッ込んでみた^_^;)。

ナニゲに本家で書いた、八方美人的可搬動画作成問題が再燃してしまった^_^;)。
一応、PSP向けMPEG4でエンコードしてみたが、音声コーデックがAACのため音が出ない。CABではうまく入れられなかったので、バラして手作業でプラグインを入れて解決。

自宅では本体スピーカでの再生音も結構悪くない。
ヘッドホンでの音や液晶の反射など、電車でも試してみよっと。
posted by kom at 03:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

画面キャプチャソフト

普通の人には特に必要ではないが、我々のような人種(笑)には必須の画面キャプチャソフト。
今まで使ってきたPrtScrnKTCaptも動くんだけど、実行即撮なのでダイレクトキーに割り当てられないとファイラ画面しか撮れんのですよ^_^;)。

そこでSmartphone用のキャプチャソフト、Smart SS

左上の選択されてるアイコンがそれ。

起動画面。
このまま(左ソフトキーでExitせずに)撮りたい画面にして、"*"キーを押すとキャプチャされる。
書き出し先を指定できないので、小まめに吸い出すかメモリカードに逃がす必要がある。うっかり起動したままにすると栗饅の星になってしまうので注意^_^;)。
posted by kom at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | Software | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。